<   2014年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ブログランキング・にほんブログ村へ ←押して頂けると励みになります!よろしくお願いします!/Unknown Design

今朝は早起きして急いで島後の西側を回った、フェリーに乗るから時間が午前中しかない。ところがこの西側の自然が素晴らしく、まるで奈良と屋久島を足したような感じ。トカゲ岩を拝むために1時間程の登山。なめていたのでビーサンでいってしまう。。しかしモンベルのビーサンはほんとスゴい。。四万十川源流点もこれで登ったっけ。。まあそんなことはどうでもよく。。物凄い急な坂登りが最後にあり、クライミング的なことも楽しめた。詳細は今度。

そのあと神社や杉などを見て港に急ぐ。

島後の森の中は清々しくてほんと最高だった。隠岐の森はここだけだから名残惜しい。。調べが甘かった。。こんな本格的なトレッキングが出来ると思わなかった。。オキサンショウウオなんかもいるらしいし。またいつか。。

フェリーは行きに乗ってきたのとおんなじタイプ。まずトラックや観光バスなど沢山降りたあと、いざ
乗船!。。??え!?こんなに広い車乗り場に僕の車一台だけ!!?中ノ島に行く車はなかった。。

着いてすぐ食事して、海岸に行ったけど水の透明度はまあまあだけど海岸はまだ汚かった。。残念。
その後は島のはしっこの展望台と立派な隠岐神社に行った。そして銭湯に浸かりまたフェリーにのって一番の見処がある西ノ島へ。着いて有名な絶壁へ直行。そこの景色はやば過ぎた。。想像以上。写真や言葉では伝えきれません。アイルランドの崖のようだった。。

その後、いい時間になってきて別の展望台で人生最高の夕日を拝んだ。(知床半島で見たやつとタイかな。。)ここからさっきの崖の裏側も見えて最高だった。全部ぼく一人しかいなかった。この景色を見るために隠岐の島に来たようなものだから、ホントに大満足。

そして寝床ははしっこの展望台で確保。そこについた頃、今度は夕日のグラデーションが残るなか今度はスッと美しい三日月が空にあった。


a0288155_20203764.jpg



深層心理学に興味のない方、どんな方でも必ず何か感じると思います。
お堅い心理学とかでは全くない、人間とは何ぞや?という問いかけですね。


講演音声も面白いです。取りあえずno.1。続きはユーチューブのサイトでno.7まで聴けます。


河合隼雄講演 2007 篠山市 Hayao Kawai in Sasayama City


もの凄く面白い話。しかし声に独特の魅力があるなあ、この人。

自分探しについて、河合先生と親交のあった養老さんも面白い事仰ってます。(こちらは哲学的)



**********************************
FACE BOOKもやってます!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとランキング応援して頂けるとうれしいです!

*ちなみに昔の記事は、何度も手直し修正を加えたりしています。
機会があればまた読んでみてください。。
by unknown-design | 2014-05-31 20:21 | | Comments(0)
ブログランキング・にほんブログ村へ ←押して頂けると励みになります!よろしくお願いします!/Unknown Design

今朝は七類港にて車の乗船手続き。併設のメテオプラザに入浴施設あったのか。。ここでよかったな。。結構な金額を払い、隠岐の島フリー周遊券を買う。7日以内なら何度でも島前内~島後を行き来できる。だから有人島4つすべてに行ってみようと思う。

乗船後意外に客の数が多いことに気付くが、それは高速船がメンテナンス休業中だからだと思われる。
しばらくすると瀬戸内海とはちがって、回りに何もなく360℃水平線になる。これは去年の屋久島を思い出す。それにしてもいい加減船に乗りすぎてロマンチズムはない。。ただこれが夜だったら違うかな。
所で三週間目にしてやっと待望の隠岐の島に来られた。感慨深さもひとしおです。

着いて暫くカーナビが混乱するのを楽しみながら、快晴の西郷港から東回りで行ってみる。メテオプラザでかなり資料を調達できてフェリーの中でプランニングしてあったので楽だ。(隠岐はまだ情報がネットにも少なく、全然無いことはないが今回のように車で何泊も島を回った例は見ない。そんな馬鹿居ないってことかもしれないが。。)

そしていろんな景色や岩場、巨木、漁船で周遊もしてとにかくめまぐるしい1日でもう頭の中はパンクダダ漏れ状態なので、帰ってしばらくたってから整理して又アップしやす。。


a0288155_21424027.jpg



深層心理学に興味のない方、どんな方でも必ず何か感じると思います。
お堅い心理学とかでは全くない、人間とは何ぞや?という問いかけですね。


講演音声も面白いです。取りあえずno.1。続きはユーチューブのサイトでno.7まで聴けます。


河合隼雄講演 2007 篠山市 Hayao Kawai in Sasayama City


もの凄く面白い話。しかし声に独特の魅力があるなあ、この人。

自分探しについて、河合先生と親交のあった養老さんも面白い事仰ってます。(こちらは哲学的)



**********************************
FACE BOOKもやってます!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとランキング応援して頂けるとうれしいです!

*ちなみに昔の記事は、何度も手直し修正を加えたりしています。
機会があればまた読んでみてください。。
by unknown-design | 2014-05-30 21:46 | | Comments(0)
ブログランキング・にほんブログ村へ ←押して頂けると励みになります!よろしくお願いします!/Unknown Design

今日は先ずコインランドリーへ直行。今度の旅はホテルにまだ一回しか泊まっておらず、洗濯物がどうにもならない。。何故ホテルがお預けかと言うと、旅の日数が長いのとフェリー代がバカ高いからである。特に明日の隠岐の島。。そして何とも珍しいコインランドリーはクリーニング店と合体しており、おばちゃんが一人で切り盛りしていて僕入ったとき既にどの洗濯機も満杯だった。旅行鞄に洗濯物を詰めてったせいか、おばちゃんはおもむろに洗濯機を開け400円入れてここに入れな。と譲ってくれた。そして乾燥するのかい?じゃあもう300円。。あとはやっとくから1時間後に来な。

おばちゃんのお陰でwifiも入る店の前でたっぷり隠岐の情報を収集出来た。

その後は出雲大社に出向き真面目に参拝。博物館も覗きそこがまた結構面白かった。因みに切符切りと音声ガイドを担当していた女性(だけ)がモデル並みに綺麗なひとだった。。

そのまま港方面に向かいつつダイハツのCMで有名なベタ踏み坂によってみた。思った程の傾斜はないけど、何ともながーく美しい橋だった。まるで古代の出雲大社本殿をイメージしたかのようだった。

その後は出雲蕎麦を食べ(石見銀山と同じ三段蕎麦)適当な温泉に入り、そこでしょうが焼き定食を食べ(大したこと無いのに味噌汁に感動)チョコソフトクリームをも平らげ弓が浜付近に寝床を確保。

そういえば温泉によって気が付いたら初鳥取県の米子市に入っていた。

a0288155_20392228.jpg




深層心理学に興味のない方、どんな方でも必ず何か感じると思います。
お堅い心理学とかでは全くない、人間とは何ぞや?という問いかけですね。


講演音声も面白いです。取りあえずno.1。続きはユーチューブのサイトでno.7まで聴けます。


河合隼雄講演 2007 篠山市 Hayao Kawai in Sasayama City


もの凄く面白い話。しかし声に独特の魅力があるなあ、この人。

自分探しについて、河合先生と親交のあった養老さんも面白い事仰ってます。(こちらは哲学的)



**********************************
FACE BOOKもやってます!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとランキング応援して頂けるとうれしいです!

*ちなみに昔の記事は、何度も手直し修正を加えたりしています。
機会があればまた読んでみてください。。
by unknown-design | 2014-05-29 20:41 | | Comments(0)
ブログランキング・にほんブログ村へ ←押して頂けると励みになります!よろしくお願いします!/Unknown Design

今朝は夜中寒さで何度も目覚めながらも暑さで目覚めた。やっぱり標高が少し高い山あいの場所だとすごい温度差だ。しかし何とも天気がいい。爽快でこの季節の晴れた気候が一番気持ちいい。
早速津和野に行ってみた。山陰の小京都。文豪森鴎外の産まれた街。そこは単線が走るノスタルジックな歴史ある街。

そして中でも隠れキリシタン36人が殉教した慰霊でドイツ人神父によって建てられた教会が人目を引く。そこに入ると何とも小柄で笑顔の素敵なシスターが出迎えてくれた。軽く身の上話をし、献金して祈り、シスターは満面の笑みで絵葉書をくれた。僕の家族はプロテスタントです、とカトリックのシスターにありのままを話すと、また素晴らしい笑顔であなたに神のご加護がありますようにと言って見送ってくれた。

その後は一気に世界遺産の石見銀山に飛んだ。大分掛かって15時に着き急いで見て回る。この地区は観光客の車の乗り入れが禁止されているので、無料駐車場に車を停め徒歩で見て回る。銀山地区と歴史家並み地区と2エリアあって先に銀山跡地に行ってみるも、誰もおらず世界遺産のわりには人気がない。。ただ普通に花畑などに図鑑で見たような綺麗な蝶々が沢山群がってたり、細かい岩の遺跡見たいなのがあって良いところ。

街並み地区も素晴らしく、蕎麦を食べたが美味しかった。全部は見切れなかったが楽しかった。その後は近くの有名温泉に浸かって大田市で寝床を確保。

a0288155_20555258.jpg



深層心理学に興味のない方、どんな方でも必ず何か感じると思います。
お堅い心理学とかでは全くない、人間とは何ぞや?という問いかけですね。


講演音声も面白いです。取りあえずno.1。続きはユーチューブのサイトでno.7まで聴けます。


河合隼雄講演 2007 篠山市 Hayao Kawai in Sasayama City


もの凄く面白い話。しかし声に独特の魅力があるなあ、この人。

自分探しについて、河合先生と親交のあった養老さんも面白い事仰ってます。(こちらは哲学的)



**********************************
FACE BOOKもやってます!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとランキング応援して頂けるとうれしいです!

*ちなみに昔の記事は、何度も手直し修正を加えたりしています。
機会があればまた読んでみてください。。
by unknown-design | 2014-05-28 20:56 | | Comments(0)
ブログランキング・にほんブログ村へ ←押して頂けると励みになります!よろしくお願いします!/Unknown Design

今日もてんこ盛り余りに行事と移動が多かったのでちょっと割愛。書く時間もないから参る。
朝広島市内に入り、原爆ドームに5年ぶり3回目初単独再訪。記念慰霊碑に黙祷。日本人の年配の方などが祈りを捧げている横で慰霊碑の焔の前で記念撮影し、笑顔とピースサインで収まるバカ外国人に呆れる。。

その後はループバスを使い美術館を巡る。っと思ったら、一発目のバスが15分待ちなのでひろしま美術館迄歩く。調度15分かかった。ここは印象派などの展示が素晴らしく、非常に楽しめた。(受付嬢も美人!)次はグルッと廻って広島現代美術館。黒川さんの設計だそう、ここの企画展も良かった。リヒターが見られて良かった。

次は広島県立美術館。平山郁夫さんの回顧展が見られて幸せ!!瀬戸内海の島の出身だと初めて知る。展示も素晴らしく、ゴーギャンっぽく感じた。

そのあと車に戻って急いで厳島神社にフェリーで渡るため、宮島へ。フェリーは修学旅行生と外国人だけ。。ただ、海の潮が見事に引いておりあの鳥居まで歩いていけた。(面倒だから行ってないけど)水の無い厳島神社。。いいのか悪いのか。。まあ割りと自由な感じで廊下から地面に飛び下りたり上がったりみんな好き勝手やっていた。帰り際には潮が満ち始め鳥居の足元には海水が揺らいでいた。

その後は山口の岩国市へ日本三大橋のひとつを見に行った。名前は忘れたが(笑)マクドナルドのマークが何個もあるような面白い橋だった。。ただ橋の上に子供を抱いた裕福そうな(インド人?)服装がヒンズー教徒のような意外な人物が佇んでいて驚いた。。なんというシュールな絵。。ただ彼は川を何ともノスタルジックな感じで見詰めていたな。勢い込んで走ってきた僕を見て子供が泣き出し、ちょっと警戒させてしまった。

その後は島根県に初潜入し、風呂に入って寝床を確保。慌ただしい1日だった。しかし、毎回そうだが、全くもってゆっくりした日がほとんどないのは何故なんだ。。何に追われてるんだか。。一人旅とはパラノイアと強迫観念との戦いでもあるのだな、と思う。


a0288155_22434150.jpg




深層心理学に興味のない方、どんな方でも必ず何か感じると思います。
お堅い心理学とかでは全くない、人間とは何ぞや?という問いかけですね。


講演音声も面白いです。取りあえずno.1。続きはユーチューブのサイトでno.7まで聴けます。


河合隼雄講演 2007 篠山市 Hayao Kawai in Sasayama City


もの凄く面白い話。しかし声に独特の魅力があるなあ、この人。

自分探しについて、河合先生と親交のあった養老さんも面白い事仰ってます。(こちらは哲学的)



**********************************
FACE BOOKもやってます!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとランキング応援して頂けるとうれしいです!

*ちなみに昔の記事は、何度も手直し修正を加えたりしています。
機会があればまた読んでみてください。。
by unknown-design | 2014-05-27 22:53 | | Comments(0)
ブログランキング・にほんブログ村へ ←押して頂けると励みになります!よろしくお願いします!/Unknown Design

今朝は誰もいない、鳥の鳴き声と海の微かなさざ波の音しかしない浜辺のそばで目覚め、朝もやの中小雨がしとしと降っていた。早速準備し明石港に向かう。大崎下島の小長港にフェリーでクルマを渡すから。そこには一台観光バスが来ていてツアー客の姿も数十名あった。
目当ては僕と一緒で、下島の御手洗家並み保存地区だろう。着くやいなや観光バスが数台御手洗に向かったので、僕は反対方向の島に渡ってみた。車で広島から来られる終点の島に。。何もなかったが、よーく見るとナビが愛媛県今治市となったので驚いた。

満足し、御手洗に向かうと小さめの駐車場が最後の一台だった。しかし平日によく来るなあ。。空の方は雨も降ったり止んだりなので、取り敢えず傘も持たず僕も散策してみた。すると成る程ここは大崎上島の比ではない。見事に保たれた時間が止まった、家々。乙女座という昔の劇場も趣があっていい。ひょんなとこから見つけた階段を結構登ると、展望台があって家並みと海島々が見渡せた。

展望台を下って街のお爺さんに話し掛けられ。この界隈はすぐ向こうは愛媛県ですけど、おじいさん自身は何県人だと強く思いますか?と聞くとワシは広島県人じゃわ。という。まあ御手洗や上島は広島だから当たり前ですが、下島から橋を渡った小島(名前は忘れた)は行き止まりなのに愛媛県。不思議な島構造に驚いていると、少しだけ遠くを見ながら真顔になって色んな歴史があるんですわ。と仰っていた。ちょっと突っ込んだことを聞きすぎてしまった。。

散策も満足し、雨が強くなってきたので安芸灘街道を逆戻りし、呉までおとなしくドライブ。広島本土にはいる最後の橋が700円ぐらいしたのにはいささか驚いた。。そして雨はどんどん強くなるので江田島周遊も程ほどにしておいた。といってもまたしてもヤバい細道を走らされうんざり。ほんとに岡山広島の瀬戸内は道がスゴすぎ。。四国の徳島や高知もスゴかったけど、あそこはこの時期きほん人がいない。けどもこっちは人が多いから参る。駐車場から何から全部狭い!土地は余ってるのに造りがヨーロッパの港街の路地裏みたいになってるから(それが魅力だけど)大きい車はたまったもんじゃない。

とはいえ、うまいうどん屋も見つけた。呉界隈でチェーン展開している、だし道楽といううどん屋。全く期待しないで土砂降りだったから適当にたまたま入ったら、かすうどん細めんとおにぎり&稲荷がぶったまげるほど旨かった。まあ普通の細めんは置いといて、だしが飛び魚で甘さがあって最高。かすとは牛のホルモンらしく、それをカリッと揚げたものを入れている。中はとろっ。。ほんとにうまかった。見た目が余り美味しそうじゃないから(笑)食べて気づいて写真も無いけど、癖になるうまさだった。店の前にはなんと、出汁の自販機がある!そしてそれだけを買いに主婦が車で来てびしょ濡れになりながら数本買っていった!思わず僕も買うしかなかった。。うどんは奥が深いなあ。。四国が本場だけど、九州もうまいし関西もたまらん。。まだまだですな。

そのあと物凄い螺旋の橋を渡って(意味不明に何周か廻ってからやっと渡る小振りな橋)、結局呉市に戻り嫌いなスーパー銭湯に寄って広島市のPAで寝床を確保。しかし、なんと腹立たしい事にこのPA付近だけWi-Fiが入らん!!!携帯でエリアマップをみて拡大すると見事にまるでエアーポケットのようにぽっかり入らない。。何でPAなのに入らんのか!

まあいいか、晴れてきたから。。

a0288155_2059342.jpg




深層心理学に興味のない方、どんな方でも必ず何か感じると思います。
お堅い心理学とかでは全くない、人間とは何ぞや?という問いかけですね。


講演音声も面白いです。取りあえずno.1。続きはユーチューブのサイトでno.7まで聴けます。


河合隼雄講演 2007 篠山市 Hayao Kawai in Sasayama City


もの凄く面白い話。しかし声に独特の魅力があるなあ、この人。

自分探しについて、河合先生と親交のあった養老さんも面白い事仰ってます。(こちらは哲学的)



**********************************
FACE BOOKもやってます!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとランキング応援して頂けるとうれしいです!

*ちなみに昔の記事は、何度も手直し修正を加えたりしています。
機会があればまた読んでみてください。。
by unknown-design | 2014-05-26 21:01 | | Comments(0)
ブログランキング・にほんブログ村へ ←押して頂けると励みになります!よろしくお願いします!/Unknown Design

今朝は寝床の場所が竹原の美観地区のすぐそばだったので、そのまま探索に出掛けられた。

ここも昔ながらの家々が建ち並び時間が止まったような街並みが素晴らしい。よーく見ると湾曲した作りの瓦の屋敷や、酒の蔵など見所が沢山。しかし、ある清水寺を模して建てられた見晴らしのいい小振りな建物で、何故かおっさんカメラマン達が女の子の撮影会をその場を独占してやってて、非常に腹立たしかった。なんで観光客がどっとくる日曜日にこのガイドブックにも載っている場所で独占撮影会なんてやっているのか?よっぽど怒鳴り込んでやろうかと思ったが、おっさん達があんまり一生懸命撮ってるので呆れて立ち去った。

しかし、そのさきでもっと見事な場所があったので良しとした。午前中は竹原を練り歩き、タコライスと手羽先をかっこんで竹原港に向かう。大崎上島にクルマを乗せて上陸するためだ。この島に行くのが楽しみで今回の旅のプランに練り込んでいた。瀬戸内海でもしまなみ街道沿いから外れ、船でないと上陸できないそこそこ大きいガイドブックにも載っていない孤島。山田洋二監督の映画のロケ地で有名になるまでは殆ど知られていなかったよう。(僕はロケ地だと言うことを上陸後知る)

30分で着き、周りの島々も常に見えているので屋久島のような孤高感はない。上陸後3時間でほぼ全ての見所が見れてしまう。ただし、神峰山という山の山頂駐車場からの瀬戸内の見晴らしは息をのむものがあった。ただそこに行く道が細くて、左側絶壁・右側排水溝というこれまでのベストスリーに入るほど危険な悪路だったけど。。対向車が来たらさすがにヤバいからクラクション鳴らしっぱなしだった。(デカイ車は肩身が狭い)

その後二周目に波が穏やかで素朴なビーチに行ったり、独特の古い家並みを見て回ったりリラックスして過ごせた。そうして回ってるうちにふれあい館という所に湯のマークを見つけたので聞いてみると加温のわりかしちゃんとしたラドン温泉だった!嬉しい!事前に調べたとき島に日帰り入浴施設は一ヶ所しかないということだったので、探せて良かった。ホテルの日帰り入浴はつまらないので嫌だなと思っていたし。

温泉は素朴で広々とした良泉だった。17時前だから200円でいいよ、と優しいおばさん。たっぷりあったまって、休憩所でコーラをグビッとやっていると、台所を使っていいという貼り紙をみて閃いた。コンビニが無いことを想定して竹原で買い込んだときくじ引きでカップラーメンがあたって、貰っても食えないなあと思ってたけども、このヤカンでお湯沸かせんじゃん!!しかもここで食べられちゃうじゃん!なんという小さい幸せだろう。。おばちゃんに声をかけ快く使わせてもらった。

その後はまたビーチに戻り寝床を見つけた。あしたは大崎下島に飛び石で渡り、島々を渡りながら呉を目指す予定。夕日までボンヤリ読書しながら贅沢なひとときを浜辺でまどろむ。波打ち際にはジャージ姿の少女が一人、体育座りをして海を見つめていた。(大人になる直前の兆しが見え隠れする絵になる子だった)浜のずっと向こうでは少年達が無邪気に遊んでいる。(同じくらいの年代だがこちらはまさに無邪気そのもの)

夕陽は水平線ではなく対岸の名も知らぬ島々の向こうに沈んでいった。


a0288155_2121284.jpg




深層心理学に興味のない方、どんな方でも必ず何か感じると思います。
お堅い心理学とかでは全くない、人間とは何ぞや?という問いかけですね。


講演音声も面白いです。取りあえずno.1。続きはユーチューブのサイトでno.7まで聴けます。


河合隼雄講演 2007 篠山市 Hayao Kawai in Sasayama City


もの凄く面白い話。しかし声に独特の魅力があるなあ、この人。

自分探しについて、河合先生と親交のあった養老さんも面白い事仰ってます。(こちらは哲学的)



**********************************
FACE BOOKもやってます!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとランキング応援して頂けるとうれしいです!

*ちなみに昔の記事は、何度も手直し修正を加えたりしています。
機会があればまた読んでみてください。。
by unknown-design | 2014-05-25 21:03 | | Comments(0)
ブログランキング・にほんブログ村へ ←押して頂けると励みになります!よろしくお願いします!/Unknown Design

今朝も汗だくで起きざるを得なくなり、太陽の諸刃の剣に参る。。この所場所が瀬戸内海と言うこともあり毎日当たり前のように天気もよく、やはり気温がジワジワと上がってきて昼間は車の中はエアコンが欠かせない。。当然ながら防いでも防ぎ切れず、日焼けも相当している。帰ったら別人になっていそうな程だ。。

朝なぜか凄いデコハイエース?が停まっているPAですぐさま準備して去年も行った尾道に向かう。この辺りの道は橋がグルグルと複雑に絡み合いナビが意味不明のルートを弾き出す。しかし、左に海。右に小高い山並みの中に家々が乱立する風景は余りにも魅力的だ。そして海と山の間に古き良き商店街がある。

今回は尾道ラーメンをまず最初に食べに行った。いわゆる早飯である。最初に車で通った時には、開店30分前なのに長蛇の列が。。一瞬やめようかと思いつつ今回は市営の穴場駐車場を見付けておいたので、そこに停めて歩いて再度向かうとどうやら開店10分前になって最初の行列を呑み込んでいて、ほぼ並ばずに店内に入れた。少し待たされ中華そばと餃子を注文した。味はやっぱり変わらず美味しかった。

兎に角この店は店員の接客レベルから何から最高レベルだと思われる。うがった所やたるんだ所がみられない。一人カリスマ性と思いやりがあるおばちゃんが仕切っていて、恐らくこのおばちゃんの配慮とリーダーシップが優れているからだろうと思う。詳細は後日。

店を出たら通りに溢れる行列が出来ていて驚く。。その足で今回は商店街は一旦かわし、裏山の神社、寺巡りに行ってみた。ここがまた素晴らしく味のある界隈で、魅力的に感じた。まず車では絶対に入れない。古道のような道の周りに古い独特の造りの家々が建ち並ぶ。お寺も見事で驚いた。

その後は流石に汗をかきいい加減うんざりしてきたので(風呂をお預けされていた)駅に行って観光案内の利発そうな女性に町の銭湯ありませんか?と聞くと顔を輝かせ、解りやすくボールペンでパンフの地図の上に書いてくれた。そう、銭湯なんか観光ガイドにはないからね。

銭湯の場所は観光エリアの真裏にあって、やはりそこが素晴らしくリアルな風情があった。愛媛の観音寺市もそうだった。東京で生まれ育った現代人の僕の知らない、日本人の気質の原風景みたいなものが味わえる貴重なポイントがこういう場所。

そしてここも電気風呂があってもの凄い痺れまくった。。当然サウナの温度も100度越えだった(笑)電気風呂でお爺さんに話し掛けてもらい、若いのによくそんなに耐えられんのうって言われ、プルプルしながら固まって引き攣りつつ、いやあ。。やばいっすねえ。。と答えつつ、よくしゃべるハンサムな爺さんだった。

方言で半分は意味が理解出来なくて、高齢者だからか広島弁でここまで分からないのか。。と驚きつつ、どうやら若い時は溶接工をしており筋骨隆々で電気風呂には殆ど入れなかったと言うような事だと思う。兎に角僕は小学校の頃友達とごくたまに銭湯に行って、この電気風呂に初めて浸かった時の衝撃が記憶にこびりついていて、去年も観音寺市の銭湯で何十年振りかに浸かり電気ショックの凄まじさに驚愕しながら、無茶苦茶懐かしかった事を思い出す。

この街にはこの町の歴史があって、その中で営まれている日常が昔から今も淡々と流れているのが実感された。全身入れ墨だらけの普通の爺さんでも誰も気にせず、本当に自然体でリラックスしていた。
帰りに駐車場替わりに停めていたイーオンに入って、スーパーも地域ならではの雰囲気があるのだなと感心しながら、最近フルーツに飢えてるなと口の中が訴えてきたので、パッと目に入ったブルーベリーの小さいパックとアサヒの特選レモネードを持ってレジに行き、車に財布を忘れたことに気がつく。

レジのメガネの女の子に財布をとってくると告げ、女の子は別のカウンターに置いといていいと言ってくれた。車から戻ると彼女は僕を見つけ、心配そうな顔が輝いて僕は礼を言ってカゴを回収して買い物を済ませた。こういうやり取りって無い。システマチックに事が運ばれるシチュエーションが殆どだから、その利便性は確かに素晴らしいけど、どんな利便性よりあの笑顔の輝きは記憶に残る。

その後イーオン内のパーラーでソフトクリームを買い求め風呂上がりの最高のひと時を堪能しつつ、次の目的地、竹原にむかいました。そこでも有名な尾道ラーメンがあって、昼夜ラーメン。。と言うこともあり炒飯も付けて食べた。炒飯は美味しかったがラーメンは尾道の勝利。そう言えば帰りに別の尾道ラーメンの老舗を二軒程みたけど両方とも凄い行列が出来てたな。。今度はそっちも行ってみなきゃ。

a0288155_22274755.jpg
商店街のとある店の屋根にて。


深層心理学に興味のない方、どんな方でも必ず何か感じると思います。
お堅い心理学とかでは全くない、人間とは何ぞや?という問いかけですね。


講演音声も面白いです。取りあえずno.1。続きはユーチューブのサイトでno.7まで聴けます。


河合隼雄講演 2007 篠山市 Hayao Kawai in Sasayama City


もの凄く面白い話。しかし声に独特の魅力があるなあ、この人。

自分探しについて、河合先生と親交のあった養老さんも面白い事仰ってます。(こちらは哲学的)



**********************************
FACE BOOKもやってます!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとランキング応援して頂けるとうれしいです!

*ちなみに昔の記事は、何度も手直し修正を加えたりしています。
機会があればまた読んでみてください。。
by unknown-design | 2014-05-24 22:29 | | Comments(0)

直島9

ブログランキング・にほんブログ村へ ←押して頂けると励みになります!よろしくお願いします!/Unknown Design

他にも沢山イエを、回ったんですが写真は撮りづらくてなしに。。

そこで最後に安藤ミュージアムにイン!

a0288155_2043557.jpg
ここは世界的建築家安藤忠雄さんの歴史が解るミュージアム。なんと入口から地下へもぐって行く面白い造り。
僕も自分の理想の家とかを夢想するのが好きなんですが偶然地下へもぐるという発想に共感。しかも地価はジメッと薄暗いのではなく、ちゃんと正午辺りには太陽光が指す仕組み。。お年寄りには少々キツイ構造なのは、元プロボクサーの安藤さんならでは。

a0288155_2047058.jpg
帰りに見かけた島の学校。。デザインがモダン。。いいねえ。

a0288155_20474137.jpg
そして島ともお別れ。楽しかった旅行も終わりに。

素晴らしかった九州の旅。自分のルーツを辿る旅でもありました。突発的に最後に、直島なんかに来ちゃったから頭がこんがらがったな(笑)
屋久島が遠い記憶の彼方に。数週間前にいたなんて信じられなかった。


さて、実は本日今から紀伊半島経由、中国山陰北陸の旅に出掛けます。

約一ヶ月以上を予定していて、今までで一番長く壮大な旅になる予感です。

まずは東名で名古屋まで。今回は仕事でドタバタしててクタクタですがそのまま行ってきます。

そしてブログの方はリアルタイムで文章のみの簡潔簡易更新で、しばらく綴らせて頂きます。




深層心理学に興味のない方、どんな方でも必ず何か感じると思います。
お堅い心理学とかでは全くない、人間とは何ぞや?という問いかけですね。


講演音声も面白いです。取りあえずno.1。続きはユーチューブのサイトでno.7まで聴けます。


河合隼雄講演 2007 篠山市 Hayao Kawai in Sasayama City


もの凄く面白い話。しかし声に独特の魅力があるなあ、この人。

自分探しについて、河合先生と親交のあった養老さんも面白い事仰ってます。(こちらは哲学的)



**********************************
FACE BOOKもやってます!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとランキング応援して頂けるとうれしいです!

*ちなみに昔の記事は、何度も手直し修正を加えたりしています。
機会があればまた読んでみてください。。
by unknown-design | 2014-05-10 20:56 | | Comments(0)

直島8

ブログランキング・にほんブログ村へ ←押して頂けると励みになります!よろしくお願いします!/Unknown Design

さて、先ずは南寺。
a0288155_2014862.jpg
ここは何人か揃ったところでまとめて入館するちょっと面倒なイエ。真っ暗闇の中数分間、目が慣れてくるまで待ち、そこに現れるものに新鮮な視点が見出されるという代物。面白かった。

a0288155_2032056.jpg
左から回り込んだ場所に行列があり、並びます。

a0288155_2041712.jpg
今度は遊び心全開かつアナーキーなイエ。

a0288155_2064463.jpg
何と中に誰でも知ってる有名な石像が吹き抜けにそびえていました。。その家と石像のサイズ感アンバランス感に新鮮な違和感を覚えます。

ここで言うアートとは、現代日常のライフスタイルに慣れ切ってしまった我々に新たな、もしくは忘れていた原始の視点を体感し再発見させ、それこそ日常のイエの内と外から刺激に満ち溢れた体験だったのでありました。

ぶっちゃけ、そこまで期待していなかった分ビックリしました。



深層心理学に興味のない方、どんな方でも必ず何か感じると思います。
お堅い心理学とかでは全くない、人間とは何ぞや?という問いかけですね。


講演音声も面白いです。取りあえずno.1。続きはユーチューブのサイトでno.7まで聴けます。


河合隼雄講演 2007 篠山市 Hayao Kawai in Sasayama City


もの凄く面白い話。しかし声に独特の魅力があるなあ、この人。

自分探しについて、河合先生と親交のあった養老さんも面白い事仰ってます。(こちらは哲学的)



**********************************
FACE BOOKもやってます!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとランキング応援して頂けるとうれしいです!

*ちなみに昔の記事は、何度も手直し修正を加えたりしています。
機会があればまた読んでみてください。。
by unknown-design | 2014-05-09 20:14 | | Comments(0)

人生で遭遇する様々な未知の体験について。カメラと一緒に旅に出よう☆


by unknown-design