<   2014年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧

今朝はSAで起きて、ETC専用ゲートを出ようとしたら、出られなかった。。ボタンを押して警備のオッサンに入っても同じSAでは出られないよと怒られてしまった。

まあ当然なんだけど、ここのSAは出られる仕組みになってて勘違いしやすいよ!と軽く応戦。不思議なSAだった。

それにしても東北の人は人間が出来ているというか、けして煽らないなあ。。僕の後ろには平日の朝で行列が出来ていたのには参ったんだけど、まったく殺気がなかった。これが西だったら大変なことになってたな。普通にしてても煽られるからアタマに来るもんなあ。所でこのオッサンの怒り方が、大変感じが良かった!怒られてて矛盾した言い方だけど、凄い誠意があるというか伝わるモノがあった。朝から感動してしまった。

そんなこんなで、先ずは美術館に向かった。
篠山キシンの写真力展がやってたけど、オペラシティで去年観たからスルーして常設展をみた。クレーとカンディンスキーが貯蔵してあってなかなか良かった。彫刻も良かった。が、東北一の大都市にしては脆弱なコレクションに感じてしまった。
その後は博物館へ、ここは従業員がバカ女ばかりで気分が悪くなってしまった。年配のスマートな女性以外は、何でここに入ったのか?歴史や美術史に興味あんのか?ってなかんじの残念な気配の人間ばかりいた。展示も脆弱だった。

その後はだだっ広い、札幌と新宿を足したような仙台駅周辺を二時間ほど散策。商店街は凄まじい規模だったが、まったく面白くなかった。そして、ピンク街の真裏にあった老舗牛タン屋でまた牛タン定食を食べたが、こりゃ旨かった。昨日の豪華絢爛牛タンよりよっぽどうまかった!

そのあとはまた山形県に戻って、温泉につかって、明日の山寺観光に備えるべく寝床を確保したのであった。仙台の街は便利だが残念ながら町としてはどうにも好きになれなかった。

a0288155_18494196.jpg


by unknown-design | 2014-09-30 18:19 | | Comments(0)
今朝はSAで起きて、ETC専用ゲートを出ようとしたら、出られなかった。。ボタンを押して暫しもの凄いブザー音と共に待機してると、出てきた警備のオッサンに、入っても同じSAでは出られないよと怒られてしまった。

まあ当然なんだけど、ここのSAは出られる仕組みになってて勘違いしやすいよ!と軽く応戦。不思議なSAだった。

それにしても東北の人は人間が出来ているというか、けして煽らないなあ。。僕の後ろには平日の朝で行列が出来ていたのには参ったんだけど、まったく殺気がなかった。これが西だったら大変なことになってたな。普通にしてても煽られるからアタマに来るもんなあ。所でこのオッサンの怒り方が、大変感じが良かった!怒られてて矛盾した言い方だけど、凄い誠意があるというか伝わるモノがあった。朝から感動してしまった。

そんなこんなで、先ずは美術館に向かった。
篠山キシンの写真力展がやってたけど、オペラシティで去年観たからスルーして常設展をみた。クレーとカンディンスキーが貯蔵してあってなかなか良かった。彫刻も良かった。でもこの美術館で一番感心したのは片隅にあるカフェであった。ものすごく狭い窓際のスペースに何とも言えない雰囲気を作り出すことに成功していた。アンティークのセンスいいヨーロッパテイストの小物が効いていた。時間があればずっと本片手にまどろんでいたいと思わせる場所だった。こんな場所近所にあったらいいのに。。東京には意外とないんだな。が、美術に関しては東北一の大都市にしては脆弱なコレクションに感じてしまった。仙台に金沢みたいな現代美術館作ればいいのに!何で日本はコンテンポラリーアートに関心が薄いんだ!!!何て思ってしまった。。
その後は博物館へ、ここは従業員がバカ女ばかりで気分が悪くなってしまった。年配のスマートな女性以外は、何でここに入ったのか?歴史や美術史に興味あんのか?ってなかんじの残念な気配の人間ばかりいた。展示も脆弱だった。

その後はだだっ広い、札幌と新宿を足したような仙台駅周辺を二時間ほど散策。商店街は凄まじい規模だったが、まったく面白くなかった。そして、ピンク街の真裏にあった老舗牛タン屋でまた牛タン定食を食べたが、こりゃ旨かった。昨日の豪華絢爛牛タンよりよっぽどうまかった!

そのあとはまた山形県に戻って、温泉につかって、明日の山寺観光に備えるべく寝床を確保したのであった。仙台の街は便利だが残念ながら町としてはどうにも好きになれなかった。

a0288155_18494196.jpg


by unknown-design | 2014-09-30 18:19 | | Comments(0)
今朝はSAで起きて、ETC専用ゲートを出ようとしたら、出られなかった。。ボタンを押して警備のオッサンに入っても同じSAでは出られないよと怒られてしまった。

まあ当然なんだけど、ここのSAは出られる仕組みになってて勘違いしやすいよ!と軽く応戦。不思議なSAだった。

それにしても東北の人は人間が出来ているというか、けして煽らないなあ。。僕の後ろには平日の朝で行列が出来ていたのには参ったんだけど、まったく殺気がなかった。これが西だったら大変なことになってたな。普通にしてても煽られるからアタマに来るもんなあ。所でこのオッサンの怒り方が、大変感じが良かった!怒られてて矛盾した言い方だけど、凄い誠意があるというか伝わるモノがあった。朝から感動してしまった。

そんなこんなで、先ずは美術館に向かった。
篠山キシンの写真力展がやってたけど、オペラシティで去年観たからスルーして常設展をみた。クレーとカンディンスキーが貯蔵してあってなかなか良かった。彫刻も良かった。が、東北一の大都市にしては脆弱なコレクションに感じてしまった。
その後は博物館へ、ここは従業員がバカ女ばかりで気分が悪くなってしまった。年配のスマートな女性以外は、何でここに入ったのか?歴史や美術史に興味あんのか?ってなかんじの残念な気配の人間ばかりいた。展示も脆弱だった。

その後はだだっ広い、札幌と新宿を足したような仙台駅周辺を二時間ほど散策。商店街は凄まじい規模だったが、まったく面白くなかった。そして、ピンク街の真裏にあった老舗牛タン屋でまた牛タン定食を食べたが、こりゃ旨かった。昨日の豪華絢爛牛タンよりよっぽどうまかった!

そのあとはまた山形県に戻って、温泉につかって、明日の山寺観光に備えるべく寝床を確保したのであった。仙台の街は便利だが残念ながら町としてはどうにも好きになれなかった。

a0288155_18494196.jpg


by unknown-design | 2014-09-30 18:19 | | Comments(0)
今朝はSAで起きて、ETC専用ゲートを出ようとしたら、出られなかった。。ボタンを押して警備のオッサンに入っても同じSAでは出られないよと怒られてしまった。

まあ当然なんだけど、ここのSAは出られる仕組みになってて勘違いしやすいよ!と軽く応戦。不思議なSAだった。

それにしても東北の人は人間が出来ているというか、けして煽らないなあ。。僕の後ろには平日の朝で行列が出来ていたのには参ったんだけど、まったく殺気がなかった。これが西だったら大変なことになってたな。普通にしてても煽られるからアタマに来るもんなあ。所でこのオッサンの怒り方が、大変感じが良かった!怒られてて矛盾した言い方だけど、凄い誠意があるというか伝わるモノがあった。朝から感動してしまった。

そんなこんなで、先ずは美術館に向かった。
篠山キシンの写真力展がやってたけど、オペラシティで去年観たからスルーして常設展をみた。クレーとカンディンスキーが貯蔵してあってなかなか良かった。彫刻も良かった。が、東北一の大都市にしては脆弱なコレクションに感じてしまった。
その後は博物館へ、ここは従業員がバカ女ばかりで気分が悪くなってしまった。年配のスマートな女性以外は、何でここに入ったのか?歴史や美術史に興味あんのか?ってなかんじの残念な気配の人間ばかりいた。展示も脆弱だった。

その後はだだっ広い、札幌と新宿を足したような仙台駅周辺を二時間ほど散策。商店街は凄まじい規模だったが、まったく面白くなかった。そして、ピンク街の真裏にあった老舗牛タン屋でまた牛タン定食を食べたが、こりゃ旨かった。昨日の豪華絢爛牛タンよりよっぽどうまかった!

そのあとはまた山形県に戻って、温泉につかって、明日の山寺観光に備えるべく寝床を確保したのであった。仙台の街は便利だが残念ながら町としてはどうにも好きになれなかった。

a0288155_18494196.jpg


by unknown-design | 2014-09-30 18:19 | | Comments(0)
さて、南東北と言っておきながら北東北ばかり攻めていたのは流れに身を任せ過ぎたか。。旅もいよいよ折り返しを過ぎ、本格的に宮城県に突入。

とは言うものの、起朝きたのは岩手県一関市。ここから北上川と一緒に昨日の続き南三陸市まで下ります。しかし、なんと素晴らしい北上川沿いの畑の風景。農家は秋の収穫に追われている様子でした。まさに実りのひとときの、夢のようなドライブだった。

そしてそんな夢心地で海岸線まで下りてきたものの、工事が凄まじくて散策は厳しかった。またそれらを写真におさめようとは思えなかった。ただ肌身で感じることに専念した。

石巻まできて、そのまま牡鹿半島の突端までやってきた。そして固有の日本猿がいる金華山が目の前には聳えていた。想像よりも目の前でビックリ。山というだけあって中々の厚みの島で山頂に雲がうっすらかかっていた。それにしてもここ何日か天気が良すぎ。。

その後は石巻市で風呂にはいって(また炭酸泉があった!)仙台市まで一気に向かった。今日は殆ど運転の1日だ。。トータル250キロ以上運転して到着。(これでも最近の旅では大分無茶はしなくなったな)それで、昼飯も抜いていたんでリッチに高級牛タン定食。なかなか旨かったが、以外に途中で飽きちゃった。普通ので十分だったな。。

しかし、さすが仙台駅周辺は栄えていてビックリ。でも、車で進んでて普通の郊外から突然栄え出す境目が、なんだか面白かった。昔ながらの自転車屋が建ち並ぶ路地を抜けると、いきなりブランド4℃のどでかい広告が現れる。そして牛タン屋の界隈は花京院。なるほど!仙台出身ジョジョの荒木先生、彼の名は地名だったんですね!初めて知りました。

明日は昼間出直して、仙台市内観光休息日。
a0288155_19485177.jpg


by unknown-design | 2014-09-29 19:24 | | Comments(0)
今日も朝起きたら、文句なしの秋晴れ快晴。
目の前には被災地の海岸が広がっている。

すぐに宮古市から重茂半島をぐるっと回ってみる。段々と仮設住宅地が現れてきて、3年たってもまだ住む場所が定まらない人たちがいる現実に驚く。

そして、陸前高田市に辿り着いて言葉を失った。そこには跡形も何もなかったからだ。ナビが(踏み切りです)と伝えてきても、そこには踏み切りなど無い。。うっすらと両側に線路があるだけ。そこはまるで鉱物採掘所のようだった。地図はもうメチャクチャでナビはほとんど機能しない。しかし、道路工事は着々と進められていて、標識は解りやすかった。

震災慰霊所にて黙祷をささげたあと、奇跡の一本松に向かった。そこには駐車場がもうけられていて、小綺麗な店が乱立していた。そこから15分ほど安全ルートを歩かされて、一本松に辿り着いた。確かによくこの松だけが生き残ったものだと思うほどに、周りの損壊具合が絶望的だった。マジマジと見詰めた。辺りは凄まじい工事状態で、吊り橋建設中だった。

とにかく陸前高田市に入った時のショックは思っていた以上だった。というか、多分それは分かっていたことだった。去年も一昨年も近くまで来ていながら、色々と言い訳を巡らせながら立ち寄れなかった被災地にようやく三年越しに着た時、やはり驚きは隠せなかった。こんなにも粗方奪い去ってしまう天変地異に恐れおののいた。通常の爪痕ではないからだ。とにかく初めて目にする光景だった。
三年たっていても、いやだからこそリアルにイメージさせられる惨状だった。

そもそも三年計画で日本を回る段取りを思い立った切っ掛けは震災だった。それも達成した安心感からだろうか突然被災地を回ろうとつい先日、今回の旅の途中決心しルートを変更した。そしてやはり来て良かったし、もっと早くに来るべきだった。

先日も2年前登った御嶽山が噴火したし、自然の恐ろしさは筆舌に尽くし難いほど圧倒的だ。一瞬ですべてを呑み込む。現場に来て初めて解る恐ろしさだった。

今日は復興中の気仙沼市では静かな宿が構えられそうにないので、いったん内陸の一関市に向かい、その途中ボッタクリ温泉(500円)にはいって失敗し(大人三人がやっと入れる狭い浴槽にジモティー五人居た。。まあ僕はこう言う温泉に慣れてきてるからさっさと対処出来た)明日はまた三陸に戻って、石巻市から牝鹿半島を回って仙台市まで行ってみよう。
a0288155_23224888.jpg




by unknown-design | 2014-09-28 18:56 | | Comments(0)
今朝は寒かったけど何とか起きて念願の早池峰山にリベンジ!!渓流沿いを歩ける爽快なルートから登り始め、段々と劇坂に。。というか、崖に。。それにしても二日休んだのに、なんだかだるくて身体に力が入らない。

何とかよじ登って岩を越え、また次の岩が見えたと思いきや、まだかよ。。なんて事を繰り返しつつ、振り返ると目眩と股間のふわムズ感がたまらない。。これって女性はどうなんだろう。。??

そんなことはどうでもよく、やっと頂上に着いたらタイムは平均より大分早かった。
そして栃木からきたおっさんに、自分の町に放射性廃棄物を持ってくるのに反対する署名に一筆頼まれて、サインしてあげた。そのおっさんに写真を頼んで下山開始。帰りはもうひとつのルートで降りてこれもすぐだった。天気が最高によくて素晴らしいリベンジ達成となった。
a0288155_17502006.jpg




その後は二三日前から悩んでいたが、こっちのテレビやラジオを聞いてたりして感化され、結局三陸を宮城まで下ってくる決心をした。

宮古市に入りすぐ風呂と食事にありついて、そのまま宮古の港まで来てみた。そしたら港は半分復旧していたが、震災の爪痕ははっきりと見てとれた。ショックだった。

しかし、地元の人たちは港で大勢釣りを楽しんでいた。夕日が反対側の山の割れ目に沈んでいった。
a0288155_17400555.jpg



by unknown-design | 2014-09-27 17:18 | | Comments(0)
今日は起きたら快晴!

早速、去年も行った岩手県立美術館に向かう。ここは広々としていて、大変鑑賞しやすい。常設展と特別展を見たが特別展の木彫りの動物彫刻家が大変素晴らしかった。子供の頃のあの時間を忘れる感覚を思い出させてくれた。
常設展も松本という画家が素晴らしかった。

その後は盛岡をたっぷり観光。そんなに広くなくて、程よくぶらぶらできた。お約束の商店街も歩き倒した。たっぷり歩いて、前回も行った老舗のじゃじゃ麺屋、白龍に行ったがどうやら間に知らないお店を挟んで二件あることに、今回やっと気がつく。。実は前回はいったいかにも本店らしいほうが、支店だった!!!そんでもって今回は当然本店にはいった。もちろん旨かったが、ここもやはり最初の感動がすごかったのでほんわかしてしまった。。

その後は盛岡市内の入浴施設にいって(ここに人工の炭酸泉があって以外と良かった)買い出しをして早池峰山に向かった。

この夜は天気が良くて星が落ちてきそうだった。
a0288155_15483330.jpg


by unknown-design | 2014-09-26 15:23 | | Comments(0)
昨夜からずーーっと降り続いていた雨は、朝もそのまま変わらず降り続いていた。だるい朝で、何度もうたた寝していた。
しかし、この雨の勢いのリズム。昨夜からずっと一定。ちょっと心配になるくらい、雨足が変わらない。車の中は曇っていて外の様子は伺い知れないし、最近の異常気象って想定できないから一瞬、突飛な空想に浸ってしまった。

とにかく遅めのスタートで石川啄木記念館に行ってみた。雨はやっと止んできて、啄木の理想の白い家を濡らしていた。中に入り一通り見て、そのあと外にある当時の学校や生家に入って軽いタイムスリップ感を覚えた。
いろりが北国の寒さや風土を醸し出していた。ここでの生活の喜びや厳しさから東北独自の文化や方言が育まれていったんだな、などと感じ入ってしまった。

その後は県立博物館に行ってみると、地元の合唱団が目の前で歌っていてサプライズ。
中はなかなか面白く、特に宮沢賢治の影響か鉱物が沢山展示されていた。そして、被災地の美術品の修復作業が見学できたのには驚いた。デジャヴ感があってアテネに行ったとき、修復作業を見学したのを思い出してしまった。

その後はコインランドリーで作業して、盛岡の駅前に冷麺と焼肉を食べに行った。やはり初回程の感動は無かった。タン塩はうまかったが、ハラミは品切でカルビとロースはいまいちだった。

最後はつなぎ温泉に向かい、素晴らしい夕陽を見ながら最高に僕好みのお湯に浸かりながら沈むまで見ていた。ここは改装していて内湯はもうひとつあったんだけど、なんと!取り壊してしまったらしい。残念。古い方の内湯が好みだった。しかし方角的に夕日が見られて不幸中の幸いだった。

明日は、盛岡観光して早池峰山に備えよう。
a0288155_19325423.jpg



by unknown-design | 2014-09-25 19:06 | | Comments(0)
今朝は寒すぎて相当寝坊。。ここは標高1300M昨晩は駐車場にぼくひとりだったのに、起きてみると満杯だった。

そしてダラダラと登山開始。今日は長丁場ではないので、軽いハイキングで終わらせるつもり。とは言え眺めのいい山だった。岩手山が目の前にどーんと見えたり、鳥海山が彼方に見えたり、楽しかった。

その後は八幡平に向かい温泉でスッキリ。そこで話しかけてきた盛岡の美容師のお兄さんから、盛岡の白龍以外のうまいじゃじゃ麺屋さんを教えてもらった。

明日から二日間は雨だし、盛岡でガッツリ観光休息日にします。
a0288155_18183956.jpg



by unknown-design | 2014-09-24 18:02 | | Comments(0)

人生で遭遇する様々な未知の体験について。カメラと一緒に旅に出よう☆


by unknown-design