上州~上信越~尾瀬登山の旅 6 (武尊山)   



ブログランキング・にほんブログ村へ ←他にも膨大な種類の面白ブログありますよ!
押して頂けると励みになります!

筋トレ更新記事はずずっと↓のカテゴリー「ワークアウト」からどうぞ!


2015年の秋も深まりつつある10月上旬。今度は本格的に長丁場の登山の旅に向かいました。
今回は脚もまあまあ仕上がってきて、全工程で百名山6座を踏破します。

順序は武尊山-苗場山-巻機山-平ヶ岳-越後駒ヶ岳-燧ケ岳と回る予定です。



先ずは、群馬県にある日本百名山「武尊山」(ほたかやま)にまだ真っ暗なうちから登り始めました。


a0288155_17222195.jpg
さてここがちょうど谷間のど真ん中だ。
これから中々きつそうな登りに入って行く。


a0288155_17231810.jpg
後ろを振り返ると、降りてきた武尊山頂上付近が見える。


a0288155_17241765.jpg
斜面に密集する植物の多様さに相変わらず感動している。


a0288155_17252024.jpg
地味につらい登りだが、登山道は快適だ。


a0288155_17255939.jpg
なかなかの傾斜。。

a0288155_17262135.jpg
谷間を登り返してきてさらに高い場所から振り返る武尊山。
山容はこれから向かう剣ヶ峰山の方が見事だ。






wiki*

武尊山(ほたかやま)は、群馬県利根郡みなかみ町川場村片品村の境にある標高2,158m成層火山である。北アルプス穂高岳と区別するため、上州武尊山とも呼ばれる。日本百名山[1]及び新・花の百名山[2]に選定されている山である。
山名の由来は、日本武尊(やまとたけるのみこと)の東征の故事によるものとされている[5]。山名に日本武尊の「武尊」の字をあてるようになったのは、江戸時代と考えられている。山麓に点在する約30の神社の名が「武尊」表記となったのは明治以降である。日本武尊伝説は近世になってホタカ山の修験者が語りはじめたものと推測される。寛政年間に江戸八丁堀の行者たちが修験道を開設し、山岳信仰の霊場となっていた[6]1850年嘉永3年)に、前武尊に日本武尊の像が建立された[7][8]









   

サクッとひとり旅!






車旅には必需品!










******************************************************************************************************

人気ブログランキングへ個性的なブログ沢山あります!
FACE BOOKもやってます!!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ポチッとランキング応援して頂けるとうれしいです!

*ちなみに昔の記事は、何度も手直し修正を加えたりしています。
機会があればまた読んでみてください。。

by unknown-design | 2017-05-06 21:26 | 登山 | Comments(0)

人生で遭遇する様々な未知の体験について。カメラと一緒に旅に出よう☆


by unknown-design
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31